スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSN(Social Security Number)について

久々に日記を更新しようと思います。
何だか最近、忙しくなってネタはあるんですが、中々時間がとれない(泣)
今日はアメリカで生活する上で重要なSSN(Social Security Number)についてまとめようかなって。
僕は暫く、Social Networkって言い間違えてましたが((+_+))
SSN_1
↑これです。

アメリカ生活するには、これの取得は重要。これが無いと家も借りられない事があるし、電気、ガス、すら契約できない事もある。んじゃ、これは何かって簡単に言えば、個人認識のID、身分証明書って言った所かって勝手に思ってます。
この番号は生活全てに連結されていて、この番号で以前収めた税金の額や医療治療履歴等が確認出来るとか、出来ないとか(自分が調べていないので、不確定要素という事でお願いします)。何でも、元々は税金申告用と年金用の番号らしいです。
所得資格は細かい事は判りませんが、アメリカに何年も住む人と簡単に言ってしまいましょう。
留学生でも、1,2年いる人は取得出来るみたいな話ですし。

では、取得方法。
それは簡単。でも、VISAの種類によって詳細は異なるらしいので、簡潔に書きますが、
1,事前書類(SS-5)を記入
2,事前書類、I-94orI-20orDS-2019,VISAを持って、渡航後2週間後に最寄りのSSN officeで10分位の面接
3,郵送で送られる(2週間位って言われたな)。

では、1,事前書類(SS-5)に関して。
これは設問に答えていくだけの形式。英語さえ解れば何とかなります。人種を聞かれた時はビックリしましたが。
ほぼ単一民族しか居ない日本から来たからビックリしたのか。。ついでに母親の旧姓を聞かれたんですが、俺の母親の旧姓など聞いてどうするんだろうって思ったのと、皆女性は結婚すると世界共通でネームが多少変わるのか?って思った。

2,事前書類、I-94orI-20orDS-2019,VISAを持って、渡航後2週間後に最寄りのSSN officeで10分位の面接
SSN_2
↑ここが僕の最寄りのSSNofficeです。こんな感じの所に行けばいいんです。めっちゃセキュリティー厳しい所らしいですが、あまり気になりませんでした。
そういえば一応、渡米2週間後位に行かなければいけませんので注意願います。何でも、アメリカに来た全ての人の渡航履歴をデータに反映するのに二週間位かかるとの事。不法で侵入する人にはSSNはやらんとの事か。
officeで面接が要ります。別に大した事は聞かれません。あんまり記憶にないんですが、何しに来たの?位の確認に近い。後は、住所も違いない?的な。お昼は近くのケンタッキーで食べるって言ったら、羨ましがられた覚えがあります。結構、フランキーな会話で問題無しです(面接官によるかも)。
でも、面接受けるまでに40分は待った気がします。時間帯選ぶべきだなって思います(僕は昼に行きました)。

ではでは、最後に
3,郵送で送られる、について。
普通郵便で届けられます。このSSNってのは、アメリカで住む時にはすんごい重要なのに、普通郵便でした。しかも、僕の場合届かなかったので、再発行という事になりました( ゚Д゚)
おいおい、って感じです。まぁ、アメリカらしいんでしょう!
因みに番号自体は3日程で発行されるので、急ぎで必要な方は再度行けば教えてくれます。


まぁ、そんな感じなのが、SSNです。
では、今日の英会話
お昼は何を食べますか?
what do you eat in lunch?
です。これは理解出来ました(笑)

スポンサーサイト

ラスベガス_グランドキャニオン旅行(4/7)

旅行四日目について書いてしまいます。年末に行った旅行のネタがこんなに盛りだくさんになるとは、、、
もう、心折れかかってる((+_+))
こんな事になるとは当人も思って無かったでごさるよ(._.)
でも、気合いれるのよ( 一一)
日程は以下の通り↓
1日目 移動
2日目 グランドキャニオンウェストにてヘリ&川下り&スカイウォーク堪能
3日目 グランドキャニオンイースト&サーズにて周辺周遊ツアー(2泊3日のツアー(1/3))
4日目 グランドキャニオンイースト&サーズにて周辺周遊ツアー(2泊3日のツアー(2/3))←今ここ!!
5日目 グランドキャニオンイースト&サーズにて周辺周遊ツアー(2泊3日のツアー(3/3))
6日目 メテオクレーター探しの旅
7日目 帰り

よし、行くでござる。
四日目、朝。Monument Valley(モニュメント・バレー)にて朝日を鑑賞するナリ!!
まずは写真↓
ラスベガス四日目_1
何でも、朝日スポットらしい。12月の終わりなので、激寒い。気温は0-5℃位だったかな。
ここの反対側に丁度ホテルがあってその中からも見えるので、まぁ、心配ご無用。
ここで、日本人を発見。いや、この旅行結構日本人観るんですね。何でも亀梨君がこの場所で写真とったとか、とらなかったとか???
ラスベガス四日目_2
何か写真汚い~!!!もっと幻想的でしたが、ここで公開できるレベルはこの位になってしまうか(笑)
この後はナバホ族のオッチャンに連れられて、周辺探索。
因みにここモニュメントバレーはインディアン最大居住区でナバホ族の聖地だそうだ。ナバホ語ってのがあって、日本語と似ている言葉とか教えてくれた。日本の「眼」ってナバホ語で「ハナ」っていうんだとか、上は「デコ」って「さようなら」はナバホ語で「ハコネ」って単語(これは似てないか、、)。なんか、不思議な感じがした。ここに住む人達の考え方は日本のアニマニズムと凄く似ている。親近感わきまくりです。
ラスベガス四日目_14
おっしゃ、大地に繰り出すぜ!!
何でも、Monument Valleyって映画で使われる事が多いんだとか。。
覚えているのは、バック・トゥ・ザ・フューチャー3、ローンレンジャ、トランスフォーマーロストエイジ etc..
僕はこの旅行来る前にロストエイジを観て気合を入れてたので、もう大興奮。いやー、マジ有りましたよ、このシーン。
ラスベガス四日目_4
この小さいの僕です(笑)もう、格の違う大自然が待ってます、この世界。
ラスベガス四日目_3

ラスベガス四日目_5
うーん、地平線の先まで何も無いΣ(゚Д゚)白人に迫害、虐殺されまくったインディアン達はこういう所に強制的に住まわせられる訳ですが、自分にはここに住みつくの、自信無さ過ぎ!!
そういえば最近、やっとこさ迫害を辞めた白人様が今更ながら気を使って、
「インディアン達をインディオ(≒インド人)ではなく、ネイティブアメリカンって読んだ方が良くね?」
って言い始めた事がありましたが、どっかの部族長が
「なめんな、白人共、俺から全て奪っといて、また更に名前すらも奪うのか?」
って宣言を出したとか出さないとか。少なくともインディアンはインディアンって言って問題ないらしいです。
(400年位この名称で呼ばれつづけてるしね、今更感があるのかも)
話が少しずれてしまいましたが、、、
ナバホのオッチャンが色々写真の撮り方で教えてくれたので、もう一枚
ラスベガス四日目_6
僕の親指です。他にジャンプしたり、etc。僕の写真は顔が写ってるのでうp出来ませんが、かなり楽しかったです。
興味ある方はネット検索でもして、参考にしてくださいな。
ここで散々遊んだ後はグランドキャニオン国立公園に向かって移動開始。
途中面白い物発見。
ラスベガス四日目_7
岩にでっかく、Pの文字。何だこれ、って思ってたら、セスナとかが停まるための目印だとか、、、
流石、規模違います。
ラスベガス四日目_8
これも途中で寄りました。馬の蹄鉄に見える岩だとか。周りの川はコロラド川です。
そして、、、
ラスベガス四日目_11
来ました。グランドキャニオン国立公園。
ラスベガス四日目_9
うーん、見晴し最高。
ラスベガス四日目_13
因みに、変な所に気づきませんか?山のトップが平らで大体同じ高さになってるって。
これは、地殻変動によって、アメリカの真ん中にあった水が太平洋側と大西洋側に流れていった時に削り取ったんだって教えられました。ふっ、ふーん。僕はよくわかりませんが、何だか凄い事で出来上がったらしい。色が段々で違っているのは、地層が違うだとか。もっとも古いのは、20億年前とか何とか(´-ω-`)
うーん、もう無理ポ。まぁ、要するに不思議岩なんですよ。只、夕日とかがこの岩々に当たると言葉にならない位美しい。
私は観ましたよ写真うpしようか迷いましたが、自信のあるやつが無いのでやめときます。
この写真をとった所に↓がありました。
ラスベガス四日目_12
そう、キャニオン鉄道の駅。電車でここ行けるみたいです。アメリカ鉄道の旅も面白いかもしれませんね。

この日はこれで観光はおしまい。この後の晩飯はウィンデーズでバーガーにしました。この辺の名物はナバホタコらしいですが、昨日それ、食べたしねー。アメリカで食に期待してはいけません(笑)このあたりで食べた物で一番上手かったのは中華という事実(笑)流石です!
よし、四日目終了だ!頑張った!自分!

運転免許取得 in WA州

大分前なんですが、WA州で運転免許を取得しました。
この話書かなきゃなーって思いながら、ずーっと先延ばししていたんですが、時間が出来たので今日こそ書こうと思います。
取りあえず、アメリカでは州によって免許取得方法が異なるそうなので、WA州の話で自分が経験した事や注意事項だけ示していければいいなぁって思います。WA州では引っ越し後、一か月以内の免許取得が州法で義務づけられています。
って、日本の国際免許は一年有効なんだけどね、、郷に入れば郷に倣えか(笑)

うむ、では始めます。
簡潔に言うと、
1、DOL(Driving licence office)に事前に登録
2、knowledgeの試験とDrivingの試験を両方合格
3、DOLにて写真撮影
4、後日、DrivingLicenceが郵送されて取得
学科と実技か、、この辺は日本と一緒ですね。

では、step1
まずはDOLにネットで登録するか、直接登録してくれと言いに行く必要があります。
http://www.dol.wa.gov/driverslicense/gettingalicense.html
Driving_licence_3
ここが僕の最寄りのDOLです。普通に商店街の一角にある(笑)

とりあえずここで、Driving licence欲しいんだけど、って相談すれば何とかなります。
僕はネットで事前登録したものの、knowledgeの試験の受け方が解らなかったので、ここで質問しようと、test受けたいんだけど、って相談したら、一から再度ネット登録させられました(笑)体重と身長を入力しなければならない項目があるんですが(任意だったかな)、inch,poundで答えなければならず、焦る。知らねーよ(笑)アメリカ独自路線の単位なんざ(ToT)/~~~
SI単位でお願いしますYO!!因みに1kg≒2.205なので、こっちの体重計にのるとビビります。60kgならば、132lb位になりますもの、単位変換されてる事に気づかず、焦りまくった事を思い出しました(笑)ガチ焦りで全裸になって二度のりしました。

step2 knowledgeの試験とDrivingの試験を両方合格
僕はDOLで教わったのですが、学科及び実技の試験の受けられる場所はこのDOLか、日本でいう自動車教習所で受験できるとこの事。
受け方を聞きに行った僕は、knowledgetest受けたいのなら、今日受けるか?って聞かれる位フランキーに受験できます。
値段は$25だったかな。試験はPCで四択回答していく形式です。ここも日本と似ているか。試験は土曜受講可能。
因みにここにpractice testが有ります。
http://www.dol.wa.gov/driverslicense/practicetest.html
教科書はこちら
http://www.dol.wa.gov/driverslicense/guide.html
教科書も試験も日本語で受験可能です。僕は英語の勉強も兼ねて英語で受験しました(practicetestが英語だけだったのもありますが)。面白かったのは、アルコールの問題。お酒は飲んでいいのか?って設問の回答に
1、飲んじゃダメ
2、一杯まで
3、二杯まで(?記憶です、間違ってたら指摘してください)
4、いくら飲んでも大丈夫(?これも記憶です、間違ってたら指摘してください)
で、回答は2の一杯まで。1の飲んじゃダメを選択した場合は不正解です。お気を付けください(=_=)飲まないに越した事はないんじゃないですかね、これは(笑)
ではDrivingtest。これもDOLか運転免許教習所(派出所で問題なし)で受講可能です。僕は面白そうなのと、DOLは休日やってないって事で教習所で受験する事になりました。
Driving_licence
↑ここです。掘立小屋みたいでした。
ってか日本だと私有の道路持ってたりと一発で教習所と判るハズなんですが、派出所って事もありかなりフランキーに飲食店の一角にあったり、こんな感じになってたりします(日本ではあんまり教習所の派出所なんてないかな、見た事ないし)。
ここで、Drivingtest受けられます。予約して、隣に試験管を乗せて、公道で坂道発進やら、縦列駐車やらをチェックされます。運転する車は自分の車でも大丈夫です(保険に入ってればの気がしますが)。勿論、車をここで借りられますが、幾らか追加料金を取られます。日本と全然違う。まぁ、移民が多い国(他国のDrivinglicenceで乗ってる人が多い)特有なのかもしれませんね。
http://www.dol.wa.gov/driverslicense/drivingtest.html
↑これが、試験受ける時の参考資料になります。youtubuです。流石、ネットが普及しているだけあります。
因みに僕は悲しいかな、二回受験しました。一回目の試験があまりに理解できなかったので(笑)
試験一回毎$45か$35だった気が、、、受かった時には思わず試験管と握手して喜びを分かち合いました(試験管は一回目二回目と同じ人で、一回目に余りに試験内容を理解していないと怒ってくれた人です)。

ではstep3。
ここで、DOLに再び戻って、写真撮影。
この撮影では笑顔になれって言われます。日本と真逆です。
でも、目を細めてはいけないので、笑顔が難しい、、、
んで、その場で仮免許として厚紙で出来た免許を渡されます。
$35払いましたかね。

よし、最後のstep4 後日、DrivingLicenceが郵送されて取得。
家に郵送で届きます。一週間程度かかります。アメリカの人って郵送好きですよね、SSN(Social Security Number)も郵送でcheck(小切手)も郵送とか、、
ちゃんと届くシステムなら問題ないんですが、そうでもないこの社会で不安を覚えてしまいます。僕自身、SSN届かなくて再発行しましたしww(SSNって超重要なのに)
その話は置いといて、こちらがサンプル。
Driving_licence_2
一応、DOLのサンプル画像をもってきましたが、もう既に自分のやつとデザインが違う(笑)
まっ、自分で取得して確認してください。
総計$100前後で免許取得ができます。日本は30万近かった気が、、、
とても楽しい経験が出来た一か月でした、おわり(笑)

あっ、今日の英会話復習します。
免許取得はどうしたらいいですか?
What should I do to get license ?
僕は、
I want to get Driving licence, Do you know how to way I get it?
って言って、何とか通じました( *´艸`)まぁ、一瞬、止まってましたけど、それは質問の仕方が悪かったか??
だって、免許の更新所に行って、免許取得方法教えてって言ってますものね(笑)



韓国インスタントラーメン チーズ味

シアトルに住んで、5か月になります。段々生活も慣れてきて、色々家周辺を探索する余裕が出来てきました。
そんなある日、韓国系のマーケット(名前は勘弁してください)を家の側で発見(^^)v
そのスーパー、薄切り肉とかモヤシとか日本のスーパーに置いてそうな物が結構ある。
今まで日本チックな物で欲しい物があったら、宇和島屋っていう日系のスーパー(シアトルだと有名なスーパーです)まで足を運んで買っていたんですが、これは楽になると大喜び!
そして、何より基本韓国系のスーパーなので、見た事ない物も一杯(#^^#)
いやーさすが移民国家アメリカ。知らない物を触れるのは結構嬉しい。

この店の中で面白い物見つけました!!
韓国インスタントラーメン_1
韓国のインスタントラーメン なんとチーズ味(^O^)/
韓国はどうやらインスタントラーメンの消費は世界一らしいです(yahooニュースより)
なので、結構興味はあったんですが、日本でたまに見かけた辛ラーメン?は、自分辛くて食べられず"(-""-)"
こっちで見かけた普通の韓国インスタントラーメンは意外と値段が高いんですよね(5袋で$4-5だった覚えが、、)
ところが、これは5袋$2いかない位の特価品でした。しかも、チーズ味!!
俺、ラーメンでチーズ味なんか食べた事ない。インスタントラーメン天国韓国凄い!!
どう考えても、チーズとラーメンが合うなんて想像できない。
それを合わせてくるなんて何て野郎どもなんだ。
大喜びで購入(*ノωノ)
で、これが中身です↓
韓国インスタントラーメン_2
右:スープの素 真ん中:スープの素 左:薬味
麺は上部にあります。初めて開けた時はドキドキでした。ってか、本格的です、だって、袋3つも入ってましたもの!
韓国インスタントラーメン_3
とりあえず、右のやつを最初に入れてみました。写真じゃわかりづらいんですが、オレンジ色してます。
んんっ、んんっ、うん。食欲の湧く色ではないですね、いや まだまだ、インスタントラーメン天国韓国
すんごいの期待してますから!
韓国インスタントラーメン_4
真ん中のやつもぶちまけてみました。だって、スープの素って書いてありますもん。
開けた後で気づいたんですけど、これ唐辛子系なのかなー、この時良く理解出来ず。ただ、辛いのダメな僕チンにはやな予感が、、、
韓国インスタントラーメン_6
これが薬味入れた後です。ネギが何だか変色してるのか?こういう感じなのか?ただ、メーカー推奨の食べ方をするのみ!
そこに茹でた麺とお湯を注ぐと、、、、
韓国インスタントラーメン_7
ジャーン、出来上がり!自分の好みでブロッコリーとコーンを突っ込んでみました。だって、チーズポンジュのブロッコリー好きですもの。
正直薬味の色はお湯を注いだ後も土色なので、この後刻みネギをプラスして試食('◇')ゞ

ふむ、ふむ。やっぱり自分的にはラーメンにチーズは合わない気がする。完全にチーズ味だ、後、辛味がある感じ。ハーモニーを奏でるんではなく、それぞれの味が独立している状態です。うん、自分は合わない。それだけに留めておかせてください。食べた後にラーメンに感じる後味ってやつを大事にしてるんですが、これは完全に辛味(痛み)を感じます。
チーズ味じゃないんかーい(笑)
ってか、赤い色のスープの素はやっぱ唐辛子だった。チーズ味なのに辛い。ってか、舌が痛い(T_T)
前、韓国系の飲食店行って、赤いスープ指して
これ辛い?
って聞いたら、
私は辛くない、大丈夫!
って自信満々に韓国系のおばちゃんに言われたので、早速食べてみたら、汗びっしょりで半泣きでスープを飲んだのを思い出した。
もう、基本の辛味に対するレベルが違う。だって、チーズ味買ったハズなのに何だか辛いんだもの、舌傷んだもの(T_T)

ただ、麺は美味しかったです。確かにインスタントラーメン世界一の消費量を誇るだけあるなって思いました。
自分としては、まるちゃん正麺に似た麺だなって思いました。ちゃんと歯ごたえもありましたし。
なので、まるちゃん正麺以下、カップヌードルの麺以上の麺って感じでした。
因みに、ご飯入れたら結構美味しかったです。チーズリゾット的な(*^^)v

結局の所、味をちゃんと選べば結構いけるんだろうなって思いました。
次も何か挑戦してみよう!誰か、試してみてね!!

今日の英会話
ラーメンは何味がお勧めですか?
Which taste do you recommend at ra-men?
最近、whichに何か名詞つけて、do you recommendって言って無理やり会話してます(笑)

Leavenworth (レブンワース)

いまさらですが、大分前、10月にレブンワースに行ったので、その事を書こうかなって思います。
って、前回スティーブンパスの事書いて思い出したんですけどね(=_=)

レブンワースって、ワシントン州で有名な観光地らしいです。何でもワシントン州にあるドイツ村とかなんとか。
何かこの辺ドイツの昔ながらの生活を送りたくて移民してきた人がいるとかいないとか、、

地図貼れました。やったーーーー!
僕が行こうと思ったのは、職場のおっさんにドライブでいい所って教えて貰ったから、後、ウィンナー食べたいって。

シアトルからだと、大体二、三時間で着きますが、その行く途中の道
Leavenworth_1
中々な自然です。因みに上手く写真に納まらなかったんですが、実はサーモンが川を上がっていくのを観ました。
どうやらシアトルは9月の終わりから10月ぐらいまでサーモンが川を駆け上がっていくのを観れるのです。
勿論信号なしの、気持ちいいワインディングロードが終わりにレブンワースがあります。
これが、、
Leavenworth_2
レブンワースって、、
人多すぎ!!何だか丁度、オクトーバーフェスにはまったらしいです。
まぁ、人が多いのはあきらめて、、
Leavenworth_8
これが人がいない町並み
Leavenworth_9
とか、中々雰囲気あります。
後は、、
Leavenworth_7
お馬さんとか。
Leavenworth_6
踊ってるオッチャンとか。この辺の写真はオクトーバーフェスだから撮れたのか、どうか?初めてなので全く分からず。。
そして、もっと面白いのは、ここからです。この街のお店に入ってみると、、
Leavenworth_5
とか、、
Leavenworth_4
とか
Leavenworth_3
等々。実はこの街、どうやらクリスマスに命を懸ける街らしいのです。11月のサンクスビギンズ、オール無視(写真は10月)でこれなんですから、ガチ情報なんでしょう!
しまった、12月に来れば良かった(゜.゜)
ってか、キラキラし過ぎてて目が痛い。

って、酒飲みに来たんだった。。
アメリカでは、公衆の面前でお酒を飲んではいけません。オクトーバーフェスといえど、一応仕切られた場所でしか飲む事が出来ませんでした。ので、とりあえず、その仕切られた場所に移動。

中に入ったら結構酒くさい。店に並んでるビールジョッキが日本で見た事ないくらいデカい。ってか、それをドイツ民族衣装着た可愛いアメリカンギャルがハイテンションで飲んでる。当時アメリカ来て一か月。すんごいカルチャーショックだったのを覚えてます。つーか、あんな可愛い顔して俺より飲むなんて、、、

とりあえず、仕切ってある場所の中心である体育館に移動。
Leavenworth_10
生演奏ありの踊りありの酒ありの楽しい一日でした。お酒は何飲んだか忘れてしまいましたが、確かに美味しかったです。そして、オクトーバーフェスは日本と似てますね。

ん、ウィンナー??あー、勿論ありましたが、ウィンナー全てホットドッグみたいに必ずパンがついてくるので、一個でお腹一杯でそんなに食べれませんでしたよ。リトルワールドで食べれるクルクルウィンナー食べたかったですが、全然そんな物はありませんでした。全部、ホットドック仕様でした。まぁ、美味しかったのは美味しかったんですがね。この一日で食べる量と飲む量はアメリカ人に全然負けるんだなって痛感しました。あっ、ワシントン州はお酒一杯まで飲んでの運転は問題なしです。アルコール0.08%以下でしたかね。なので、一杯位勘弁してください。でも、飲酒運転は推奨しませんので(ーー;)
ではでは。是非行ってみてください。楽しいですよ。地図が貼れないのがホント残念(o|o)

今日の英会話学習
<飲み過ぎは危険です。>
Drinking too much is dangerous.
どうやら、Drinking にはお酒を飲むっていう意味を持ってるみたいです。なので、
<コーラの飲み過ぎは危険です。>
Drink too much cola is dangerous .
って、なります。Drinkの基本がお酒飲むなんて(笑)






Stevens Pass(日帰り スノーボード)(スティーブンスパス)

先日のブログでシアトルは暖かくなってきたって言いましたが、完全に暖かくなるその前にどーしても行きたい場所があります。スノーボードです、そうスキー場です。今年は九月にこっちに引っ越してきて以来、何やら色々問題を抱えてゴタゴタしていて全然行けてないんです。年に3,4回位しか行かないシロートの僕ですが、それでも行きたいです。だって、海外のスキー場だもの。何か夢があるじゃない。板だって無駄にこっちに持ってきましたyo( *´艸`)
どーしても行きたい(; ・`д・´)ってなって今日行って来ました。
で、その事を書こうかなって思います。いかんせん、自分の記録帳でもありますし(笑)
あっそういえば、シアトル(アメリカ全体かもしれない)はボード関係の商品の値段は安いです。ブーツとか結構いいやつでも$48(日本だと一万はくだらないやつです)とかなっていてビックリしました。手袋も板もゴーグルも( ゚Д゚)スキーの方はそうでもないらしいですがね、自分はボーダーなので、スキーはさっぱり((+_+))

行った場所はStevens Pass(スティーブンスパス)って場所です。僕が住んでるワシントン州にあります。
http://www.stevenspass.com

車で自分家から二時間位で行けちゃう場所です。因みにワシントン州の観光で人気のドイツ村レブンワースにシアトルから
行く途中(2号沿い)にあります。

SnoqualmiePass_1
↑この奥の建物がご飯食べる所や、レンタルの貸し出しをしてくれる所です。あまりいい写真撮れませんでした。
取りあえず、日本のスキー場と同じみたいです。リフト券売り場でチケット買って、リフトへGo!って感じです。
ちゃんとボードやスキー板の調節場もありましたし。チケットは一日券で$69で結構高い(@_@)日本のリフト券も高いと思ってましたが、それ以上か(=_=)ちっ、安いのは道具だけか(*´Д`)期待してしまってた。
あっ、ちゃんと半日券やシーズン券もあるみたいです。
そして、、、
SnoqualmiePass_2
↑指が入ってしまった(;´・ω・)太陽のセイで気づかなかった。
で、コースってか、リフトはここは三つあるみたいです。初級的ななだらかな坂が続く場所。中級みたいな急傾斜を含むコース(若干のコブあり)そうなったら上級なのか?とりあえずボードパークがあるコースの三つ

SnoqualmiePass_4
これが中級。ナイス眺めです。これを待ってました。やっぱ、山頂で飲むウィスキーは旨い!!
(一応、体温めるだけです、口に含めるだけです、アメリカでは外で酒飲めませんので注意願います、お勧めしません、何事も自己責任でお願いします(._.))
初級、上級(もうそう、なずけました)は撮り忘れました((+_+))
自分の目で確かめるのが、よろしいかと(笑)
コースは絶賛する程ではありませんが、足りない物が無いので満足してます。


散々滑った後はお昼はさっきの建物に戻って、カツカレーとコーラといきたい所でしたが、カツカレーなんて勿論無かったです。スープとかバーガーとかは売っていたので、僕はバーガーを選択。勿論こっちのバーガーは日本の何かより全然美味しい(基本のバーガーが日本でいう所のクラシックバーガーになっている)んですが、やっぱりカツカレーが無いと、力が出ない(*´Д`)そしてご飯食べた建物散策してたら、お湯25セントってあったので、今度からはカップラーメンで臨もうかなって思ってます。

雪質はもうアイスバーン過ぎでした。ケツ痛過ぎです。所処、ブッシュがあったので、かなり限界なんだなって感じです。やっぱ、暖かくなった影響か、、、
まぁ、でも柔らかい所とかもあったので、時期間違えなければ、日本とかとあんまり変わらず滑れそうです。来年に期待しまくりです。

最後に、、
スキー場入口からご飯食べた建屋までに面白いもの見つけました。
SnoqualmiePass_3
結構見づらいですが、左のロープみたいなやつ注目してください。何でも、ロープのリフトです。よく見ると、人がロープ握って上がってきている様に観れると思います。写真失敗してますが。自分初めて見ました。
でもこれ、やばいです。何がやばいって、ロープが結構速いんです。自分素手で握って、軽い火傷しましたもの( ;∀;)
もう、すぐ手を雪の中突っ込みました。若干今も痛い。その後、当然手袋してロープ握って坂を駆け上がったんですが、手袋少し溶けてました😢皆さん、お気を付けください。

あーーー、スノボの帰りはやっぱ、、
温泉ーーーー、いきたーーーーい!!
ここだけ、残念。でも、楽しかったです。

今日の英会話学習
<三月まで、このスキー場でスキー出来ますか?>
Until March , can I ski in this ski resort(here) ?
until Marchを先に持って来なかったため、相手に理解して貰えず、言い直しました。
相手に協調したい事は話の先頭に持ってきた方がいいかも

ラスベガス_グランドキャニオン旅行(3/7)

旅行三日目について書いてしまいます。何だかんだで書く事一杯( ゚Д゚)
時間はかかりますけど、最後まで書いてみようと思うのでお付き合いください。
こんな事になるとは当人も思って無かったでごさるよ(._.)
日程は以下の通り↓
1日目 移動
2日目 グランドキャニオンウェストにてヘリ&川下り&スカイウォーク堪能
3日目 グランドキャニオンイースト&サーズにて周辺周遊ツアー(2泊3日のツアー(1/3))←今ここ!!
4日目 グランドキャニオンイースト&サーズにて周辺周遊ツアー(2泊3日のツアー(2/3))
5日目 グランドキャニオンイースト&サーズにて周辺周遊ツアー(2泊3日のツアー(3/3))
6日目 メテオクレーター探しの旅
7日目 帰り

三日目からは二泊三日のラスベガス発のグランドキャニオン現地ツアーに参加しました。如何せん、初めての土地、情報はないし、一人での移動はめんどくさいって事で参加してきました。
では、では。お話に参りましょうか。

とりあえず、初日に向かった場所はAntelope Canyon(アンテロープ・キャニオン)。

こんな感じの道で行った気がします。
これ、超行きたかった場所です。昨日紹介したダムや昼ご飯に中華の食べ放題(結構美味しかったです。場所とかわかなかった。アンテロープの側で近くにウォルマートがあったので、そこ辺目印なのかな、また行きたい)に寄りながら、時間は5,6時間程度のドライブで到着。ゲロ遠いです。ホントに、一人で行かなくて良かった( 一一)
ラスベガス三日目_1
こんな荒野に煙がもくもくででる、、、、
ラスベガス三日目_19
どうやら、火力発電所らしい。この側で何やら駐車場らしき場所へ。ツアコンの話だとここからはアンテロープの案内人が案内してくれるとの事。ってかこの火力発電所は目印かぃ!側にありすぎ。ビックリしました。
んで、案内人がやってきて、歩いてよく写真とかでみる場所に連れてってくれる。
暫く歩くと、、、、
ラスベガス三日目_2
おぉ、、崖降りていくんかい、、予想外過ぎる。
ってか、よく見てもらえるとわかりますが、崖になってる所歩ける場所以外、全て柵が無い。間違って落ちたらどうなるだろって思ってしまう。崖すべてに柵があるなんて、日本だけって言われてるのが、よくわかる(@_@)
この崖で落ちる様なバカは相手にしたくないと事か、、、少なくともここでバカしてる人は居なかったな。。。
ラスベガス三日目_4
階段急過ぎる(*´Д`)お父さんに抱えられてる2,3歳位の子供が怖さのあまり泣き叫んでたのが印象的。そりゃそうだ。俺もここで、誰かに抱きかかえられて降りたら、超怖いもの。。。
んで、何とか降りた後は、、、
ラスベガス三日目_6
こんな感じになっていて、
ラスベガス三日目_13
こんな感じで岩の間を歩く感じです。もう、これだけで結構幻想的。だって、これ自然に出来た代物ですもの
そして、ここから上を見上げれば、、、
ラスベガス三日目_5
こんな風に岩に横線が入っているのは、風と雨(鉄砲水)のせいだとか、、少なくともここの土は握りつぶせる位柔らかい岩でしたね、何でも砂岩だとか、成分はクォーツ・クリスタルっていうらしいですが、僕はよくわかりません。誰か教えてください。色は上の写真にあるように基本、赤色でしたよ。
ラスベガス三日目_7
あっ、エバァ発見!
ラスベガス三日目_8

ラスベガス三日目_9
にしし、軽く、光の加減を変えてみると、、
ラスベガス三日目_14
うっしゃーーー。もう、カメラは手放せません。って、自分一眼レフではなく、携帯のカメラで撮っていますけどね。
本当に日本で一眼レフ買っていけば良かった"(-""-)"
ラスベガス三日目_21
軽くもう一枚。僕は以上にしておきます。
後は自分の眼で見に行ってください。凄く楽しいです。

この場所に行って今度はジープで
ラスベガス三日目_22
って、この景色、、、
ラスベガス三日目_23
もう観た事ない景色過ぎ(-ω-)/半端ないです。
ラスベガス三日目_24
今度はこの岩間に入っていく。これもアンティロープで有名な所らしい。
さっき行った場所とは所有者が違うとか。でも、同じ同族経営には変わりないです。
どうやら、アンティロープは個人の土地内にあるらしく、古く(っても、300,400年前位のハズ)は白人に追い出されたインディアンが、、、
何て話をいうと本来の話の趣旨からずれるので、やめときますが、色々考えてしまう。まぁ、自分でネットとかで調べてください。そして、自分なりに考察してください。インディアン移住区はタバコと酒は税金かかりませんってだけでやめときます(笑)

写真をバンバンとって日が暮れる。12月に行ったのですが、日没は大体16時30位でした。一日をとことん遊びたい人は夏とかに行った方がいいかもって思ってしまいました。
夕飯はいうと、、、
ラスベガス三日目_17
地元料理です。このあたりはメキシコ料理と似てるんだなぁーって思いました。ってか、3,400年前は誰も住んでいない場所なんだから、固有の食文化もクソもないか、、でも、美味しかったです。バーガーより全然いけます(笑)
では、三日目終了。

広告

ドラクエ風xxxがあがった!
flash boreal kiss
プロフィール

こーぴくん

Author:こーぴくん
どうもこーぴです。諸事情により、アメリカWA(ワシントン)州に暫く駐在する事となりました。そこで日々感じた事を日記風に残せていけたらなーと思い始めました。よろしく。

TOEICボキャドリル

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。